わきがと手汗はうつらないので安心してください

ワキガといえば近寄り難いイメージがあるかと思います。

ご本人も周りの人も辛い経験をされた事があるのではないでしょうか?うつるという事を耳にして近寄らないようにしたりと…

今回はその真実に触れていきたいと思います。

ワキガはそもそも皮膚の毛穴の奥にあるアポクリン腺が発達してそこから雑菌等が繁殖して更に悪臭をだし、匂いを発するという事なんです。アポクリン腺がそんなに発達していなければそこまで匂いはしません。

実はワキガ体質の方には特徴があります。

それは、ほとんどの方が猫耳という事。それも、やはりアポクリン腺からの分泌が多くて耳の中が湿ってしまうんですね。

そして半数以上の方は親、もしくはお子さんもワキガになっているんです。これは遺伝で代々受け継がれるという事ですね。

そもそもアポクリン腺の分泌がおおいいからなっているのであって近くによったからといって自分もアポクリン腺の分泌が多くなったりはしません。

手汗がひどいときはリラックス

手汗が多いと握手できない、文字を書いていて紙が汗でグチャグチャになる、つり革につかまるのにためらいが、マウスやキーボードがベタベタになるなど、不便なことが多くありますよね。手汗を止めようとするほど汗が出てくることがあると思います。

手に汗握るといいますが、何かに熱中したり興奮すると手に汗をかきませんか。これは精神性発汗といって、落ち着けば自然と汗が治まります。ずっと汗がしたたり落ちるほど出るようなら、交感神経が活発になりすぎている可能性があります。

自律神経には興奮したりストレスがかかると活発になる交感神経と、リラックスしているときに活発になる副交感神経があります。この二つがバランスを取って働いています。手の汗を増やすのは交感神経です。交感神経は焦ったりストレスと感じると活発に働くので、手に出た汗を早く止めようとすると汗がどんどんでてきてしまいます。

手汗を抑えるにはリラックスすることが大切です。手汗を意識しすぎるとストレスになり汗が増えるので、あまり意識しないように気をつけてください。

呼吸を整えることでもリラックスできます。緊張しているときは呼吸が浅く早くなりますよね。このときには交感神経が優位になっています。これとは逆に深くゆったりした呼吸をすると副交感神経が優位に働きます。呼吸という字は「呼」が先にあるように、まずはゆっくりと息を吐きます。吐き切ったらお腹の力をゆるめて自然を息を吸いましょう。吸う息よりも吐く息を長くします。この呼吸をしばらく続けているとリラックスしてくるはずです。

水分をたくさん摂ると水分を排泄するために汗をたくさんかきそうですが、手汗がひどいときは水分摂取を控えた方がいいのでしょうか。
水分を控えると脱水症状になる恐れがあるので、水分摂取を控えないでください。多く摂った水分は汗ではなく尿として排泄されます。水を飲むことはリラックスにもつながるので、水分補給はしてください。

たっぷり保湿して毛穴汚れをもう溜めないようにする

黒いボツボツが目立つイチゴ鼻に悩む方は脂性肌であることも多く、スキンケアの際も乳液やクリームを付けない方もいます。
乳液は毛穴の汚れが悪化するように感じてしまっても、自分の肌と相談して合うものがあれば使用した方がいいでしょう。

油分の少ないジェルや脂性肌用の乳液などもあります。また肌が皮脂でテカッているのは潤いが足りているのではなく、内部の水分が足りていないインナードライ状態になっていることもありえます。これは化粧水などでの保湿が足りていない上に乳液やクリームで乾燥から肌を守っていない為に起こる隠れ乾燥肌です。

また毛穴の汚れとは酸化した皮脂にホコリや老廃物などが混ざり詰まったものですが肌とはとても薄く繊細な構造をしています。掃除するように強く擦るのではなく、たっぷりの泡でマッサージしながら汚れを浮き立たせるくらいのつもりで洗いましょう。
いちご鼻のケアは洗って終わりではありません。

たっぷり保湿して汚れをもう溜めないようにするのです。開いた毛穴に使用する化粧水はビタミンC誘導体を配合したものが向いています。その他にもコラーゲンやセラミドといった成分が有効です。これらを多く含んでいるものを選ぶといいでしょう。
そして洗顔後の汚れを落とした毛穴は開きっぱなしです。収れん化粧水で引き締めたら保湿成分を含んだスキンケアアイテムで潤いを与えましょう。

汚れをおとしたのに毛穴の黒ずみが消えないという人は毛穴自体がシミのようになってしまっています。こういった色素沈着した毛穴の場合は美白化粧水が効果的です。

ちなみに顔の毛穴自体が固くなっていると皮脂が溜まりやすくなるとされます。鼻の毛穴だけでなく顔全体のマッサージも長い目で見れば美肌への道につながっています。

また、ついつい角栓や鼻のテカリが気になって手で触ってしまうクセを持つ人もいるでしょうが、これは汚れを付けているようなものです。毛穴の黒ずみを悪化させるだけなので止めるように心掛けましょう。

地道に続けるしか根本的な毛穴ケアはできませんが、きれいを諦めずにいきましょう。

三大成人病は体調管理と栄養摂取ができていれば避けられる

最近日本にはファーストフード店やレストラン、居酒屋にカフェ、定食屋などの多くの場所に飲食店が溢れかえっています!確かに美味しいし、なにより上手い!毎日食べていたくなるほどにたまらなく私たちを満足させてくれます。

だが体の健康を考えるとなるとどうだろうか?例えばどっかの定食屋で牛丼をメインに、サラダやお味噌汁を追加すれば「まぁ大丈夫だろう」と思ってはいないだろうか?確かに牛丼もエネルギーにはなるし‥‥体には必要な栄養分も含まれている。

でも実際は免疫力だったり風を予防したりと、体の調子を整える栄養分は全く摂取できていないのです。基本どの飲食店も糖質や脂質といった旨味成分が数多く含まれる料理が大多数で健康的な生活習慣を築くうえで、害をなすことが多いんですね。

むしろちゃんと健康的な食事を取ろう思うなら、大根や人参やジャガイモ等、食材の段階のものを自分で調理して食べるほうが効果的なわけなんです。大根はビタミンCや鉄分、ミネラルが豊富に含まれており動脈硬化や脳卒中の防止にもつながります。

にんじんは免疫力を高め‥‥風邪の予防にもなります。ジャガイモはカリウムが豊富でむくみや糖尿病の予防にもなります。ただジャガイモの芽は危険でソラニンという毒素が含まれてますので調理は徹底すべきですね。

そう食材の栄養素や調理方法について考え出すと枚挙にいとまがありませんが、面白いと感じるところがあります。何気なくスーパーやデパートで売っていたあんな食材やこんな食材も、いざ調べてみるともの凄い栄養分を豊富に含んでおり、切って茹でるだけでその栄養分を摂取出来きちゃうわけです。

三大成人病とも言われるがん、心臓病、脳卒中‥‥これらも体調管理と栄養摂取ができていれば避けられることなんです。食材とは知れば知る程知識が身に付き、なおよりいっそう健康的なれるところが魅力的ですね。食材に関する知識を学びながら健康的な体を作っていって欲しいものです。